クリニックの脱毛で使うレーザー機器の説明が分かりやすい動画を見つけました

プロによる脱毛と言うとサロンが思い浮かびますが、クリニックでのレーザー脱毛も捨てがたい魅力がありますよね。

何といっても医療機関。

「確実に脱毛したい!」という女心に、しっかり応えてくれそうです。

でも残念ながら、お値段が高いのですよね。サロンに比べてクリニックは。

「興味はあるけれど、気軽に申し込めない」そんな感じです。

こうして迷っている間に少しでも脱毛の事を正確に知ろうと、現在、役に立つサイトや動画を探し回っている最中です。今日は医療レーザー脱毛で使うレーザーの種類について、手際よく紹介してくれる動画に出会いました。

動画はお笑い芸人の寅人(とらんちゅ)さんが、脱毛を体験するという形式で進んで行きます。寅人さん可愛いですね。お肌がとてもキレイです。脱毛映えしそう。
レーザー照射前の問診票や、お医者さんの診察の様子がクリニックっぽいです。ちょっと緊張してしまうかな。医療レーザー脱毛なら、2カ月に1度、5回の照射で効果が出るそうです。やはりサロンより早いですね。

クリニックで使うレーザーは次の4種類です。
1.アレキサンドライトレーザー
2.YAG(ヤグ)レーザー
3.ダイオードレーザー
4.GIMAX(ジーマックス)

これら4つのレーザーの主な違いは「波長の長さ」。
アレキサンドライトレーザー = 短い = 755ナノメートル
YAGレーザー = 長い = 1064ナノメートル
ダイオードレーザーは、2つの中間で800ナノメートル。そしてGIMAXは、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの波長、両方を使い分けられるとの事です。

波長が長い方が肌へのダメージが少なく、YAGレーザーは日焼け肌への照射もOK。しかし効果が薄いので、処理に時間が掛かるというデメリットがあります。
一方アレキサンドライトレーザーは、波長が短いため即効性があります。しかし火傷の危険もついて回るそう…。

毛乳頭細胞を破壊し、永久脱毛が見込める医療レーザー脱毛。効果が強いだけに、受ける方も事前の知識が必要だと、動画を見てつくづく感じました。もっと色々知りたいです。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ